資金繰り表を作るとこんな効果があります

融資を受ける際の大きな武器になります

実は中小・零細企業で資金繰り表を作っている会社はほとんどありません。
融資の際に、銀行からは資金繰り表を提出してくださいと言われますが、そのときになって慌てて作っていることが大半です。

しかも、会計事務所がその作成を手伝ってくれることも少ないです。
会計事務所は終わったこと(通帳や資料)を処理するのは得意ですが、今後の予測を行うことが専門ではないためです。

お金が無くなる前に融資相談に行けます

いつお金が無くなるのかが分かっていれば、まだ余裕のあるうちに融資相談に行くことができます。

いざ、お金が無くなってから融資相談に行って、もし断られたらどうされますか?
「今まではそんなことは無かったから大丈夫!」
果たして、アフターコロナ後の日本でも以前と同じように行くでしょうか?

余裕があるうちであれば、断られたとしても別の銀行に相談にいけますし、
持っている固定資産を売却したり、陳腐化した棚卸資産を損切りして換金したりと、様々な手が打てますよね。

経営者の精神安定剤になります

お金が無くなるかもしれないという恐怖におびえながら過ごすことと、
お金が減っていくのが分かっていて「あんな手を打とう」「こんな手を打とう」と前向きに過ごすのでは、
経営者の精神衛生上に大きな違いがあると思いませんか?

お金が減っていくことが分かっているのに、無駄使いを減らそうとしない経営者は、
神風が吹かなかったとしたら、バンザイ突撃して玉砕するより他にありません。

資金繰り表Excelを新たに作った理由

紙で作成する場合の弱点

紙は簡単に資金繰り表を作ることができますが、応用が利かない弱点があります。
日付の並び替えは出来ませんし、集計項目を増減させようとすると、書き込んだ全ての行を修正する必要があります。
もちろん、自動でグラフを作成することもできません。

ネット上で配布されているExcelツールに比べての弱点

複雑過ぎて操作に習熟するまで使えないという弱点があります。
拡張性に乏しいため、最初から多くの項目や機能を作り込んでおかねばならず、実際に使えるようにするところまでが大変です。

資金繰り表Excelのメリット

①資金繰りグラフが簡単に作れます

グラフを作るための特別な操作は不要です。資金繰り表が完成すれば同時にグラフも表示できます。

②拡張性に優れています

Excelが元々備えている機能を活用しているため、その豊富な機能が使えます。

項目もデフォルトでは次の5つだけに絞っていますが、「人件費」「手形入金」のように、必要な科目を無制限で増やすことができます。

  1. 売上入金
  2. 経費支払
  3. 税金支払
  4. 借入金
  5. その他

毎月発生する入出金を登録しておいて利用できます

年月を設定してボタンを押せば、毎月発生する入出金を1クリックで追加できます。

毎月発生する出金を登録しておけば、固定費の見直しをするときのリストとしても使えます。

登録が面倒であれば、前月の入力内容をコピペして、日付を修正するだけでも再利用が可能です。