まだ窓口に足を運びますか?

コロナ禍の発生以来、テレワークが一般に受け入れられ、移動をしなくても様々なことが出来るようになりました。

しかし、そんな時代にもかかわらず、毎月、銀行の窓口に足を運んで手続きをすることって、ちょっと時代遅れになっていることを感じませんか。

ネットバンキングを活用すれば、時間を大幅に節約できるようになりますよ。

給与振込用のネットバンキングデータを提供します

毎月の給与振込、手で1人ずつ振り込みをしたりしていませんか。

金額を間違わないようにしっかり確認する必要がありますので、振込に結構な時間がかかっているはずです。しかも、その確認と振込にかかった時間は1円の価値も生み出しません

小林雄気税理士事務所で給与計算を承っているお客様には、明細PDFの送付と同時に、振込用のネットバンキングデータもお送りしています。

インターネットバンキングにそのデータを読み込ませて、支給総額が正しいか確認するだけですので、振込作業はたったの数分で終わります。

毎月の総合振込も一瞬で完了します

当事務所が配布する「総合振込Excel」に、届いた請求書を入力していけば、CSVデータをExcelから取り出してネットバンキングに読み込ませることができます。

毎月、数時間かけて振込を行っていたお客様からは「数分で作業が終わるようになった」と喜びの声をいただいています。

毎日、口座残高を確認できます

私も日課としてやっていることなのですが、口座の残高を毎日確認することが事業を伸ばすためにとても役立つのです。

前月よりも残高が減っている」このこと以上に、経営者に強い危機感をもたせて、行動への後押しとなるものを見たことがありません。

税理士の私が「もっと一生懸命やりましょう」とお伝えしても、経営者を動かすことはほとんどありませんが、お金が減ってくることへの危機感はその1万倍ぐらい(当社比)経営者をうごかします

経営者が一歩踏み出すことから改善が始まり、窮地を脱して少しでも残高が増えていくことが、経営者にとっては自らが「正しい方向へ進んでいる」という自信の裏付けとなり、前向きなモチベーションへとつながっていきます。