顧問料が上がったりしませんか?

いいえ。顧問料が下がる場合がほとんどです。

業歴が長く、昔からの税理士さんがついていた場合には半額になったこともあります。

また、月額顧問料が上がったとしても、小林雄気税理士事務所では決算料をいただいていませんので、年間総額で比べていただくとお安くなることが多いようです。

以前の税理士さんが安すぎて、どうしても高くなってしまうケースも中にはありますが、その場合は、以前の税理士さんは必要最小限のサービス提供がほとんどですので、サービスアップの対価として納得いただけることが多いようです。

どうしても顧問料を安くやって欲しいというお客様は、こちらから、適した税理士さんを探された方がご納得いただけることかと思います。

税理士が変わると税務調査に入られやすいと聞きましたが?

いいえ。税理士が変わったから税務調査に来るのではなく、提出される決算書の内容が変わったことにより税務調査に来る確率があがります。

もっとも、小林雄気税理士事務所では、会計処理をシンプルにしてわかりやすくするために、今までの会計処理にとらわれず、新しいやり方を採用することがあります。

とはいえ、決算書の作成段階で変更が目立たないような表示になるよう心がけており、どうしても目立ってしまう箇所については、法人事業概況説明書に詳細を記載することで、税務署が余分な疑念を抱かないように工夫しています。

以前の税理士さんと打ち合わせしたりしますか?

いいえ。基本的には打ち合わせをすることはありません。

会計処理の問題でどうしても聞いておかないといけないことがある場合は、質問内容を文書にしてお客様経由で質問いたします。