顧問料が上がったりしませんか?

いいえ。顧問料が下がる場合がほとんどです。

業歴が長く、昔からの税理士さんがついていた場合には、以前の顧問料が高止まりしており、半額の顧問料になったこともあります。

以前の税理士さんが安すぎて、どうしても高くなってしまうケースも中にはありますが、その場合は、以前の税理士さんからは最低限のサービス提供しか無かったようです。ですので、サービスアップの対価として、その差額は納得いただけているようです。

どうしても顧問料を安くやって欲しいというお客様は、こちらから、適した税理士さんを探された方がご納得いただけることかと思います。

他の税理士さんとの料金の違いを教えてください

一般的な税理士さんとの相違点を表にしてみました。

どの顧問先さまにも基本的にある業務(決算・年末調整)については月額顧問料に含めています。あったりなかったりするものについて、別料金をご請求する形を取っています。

比較してみると、一般的な税理士さんのほうがパッと見は安そうに感じますが、年間の総額で計算すると、実はかなり高くなることがよくあるようです。

一般的な税理士さん小林雄気税理士事務所
月額顧問料ありあり
決算料ありなし
記帳代行料ありあり
年末調整の費用ありなし
償却資産税の作成費用ありあり
届出書の作成費用ありあり
役員の確定申告費用ありあり

税理士が変わると税務調査に入られやすいと聞きましたが?

いいえ。税理士が変わったから税務調査に来るのではなく、提出される決算書の内容が変わったことにより、税務調査に来る確率があがります。

小林雄気税理士事務所では、会計処理をシンプルにしてわかりやすくするために、今までの会計処理にとらわれず新しいやり方を採用することがありますが、できるだけ、決算書で変更が目立たないように心がけています。

どうしても目立ってしまう箇所については、法人事業概況説明書という書類に「なぜそうなったかの理由」を記載することで、税務署が余分な疑念を抱かないようにしています。

以前の税理士さんと打ち合わせしたりしますか?

いいえ。基本的には打ち合わせをすることはありません。

会計処理の問題でどうしても聞いておかないといけないことがある場合は、質問内容を文書にしてお客様経由で質問いたします。