会計ソフトは何をつかっていますか?

freeeやマネーフォワードといったクラウド会計が花盛りの会計業界ですが、当事務所では弥生会計を使っています。

クラウド会計はソフトのインストールが不要ですし、IDとパスワードがあれば職場でも自宅でも使えて、とても便利なのですが、現時点ではレスポンスに難があり高速作業には向いていません。

複数のソフトに対応するようにすればいいだけなのですが、ソフトの習熟コストや月次報告書の準備がその分必要になるため、業務レベルを下げてしまうよりはマシだと考えて、現時点では弥生会計を使い続けています。

しかしながら、今後10年で会計ソフトのシェアは急速に変わっていくことが予想されます。クラウド会計の併用も視野におきながら、いつでも動けるように準備を始めています。

自計化した方がいいですか?

お客様の方で資料を見ながら、会計ソフトに仕訳を入力してもらうことを、税理士事務所では「自計化」と呼んでいます。

逆に、税理士事務所側で入力することは「記帳代行」と呼ばれています。記帳代行は顧問料の他に費用が必要になることがほとんどで、小林雄気税理士事務所でも同様に費用をいただいています。

「自分で会計ソフトに入力した方がいいんですか?」と聞かれたときに、経営者ご自身が入力を考えられている場合には、簿記の経験が無いときは「やめた方がいいですよ」とお伝えしています。

簿記を学んで入力に時間を費やすよりは、その時間を使って商売を伸ばされた方が合理的だと考えているからです。

スマホのアプリを使うのに、アプリの作り方から学ぶ必要ってないですよね。できあがってきた会計資料の見方を学ぶ方が遙かに効率的です。

月次業務はどういう手順で行っていますか?

毎月(もしくは3ヶ月ごと)に小林雄気税理士事務所からチャットで資料の依頼をお送りしています。

お客様はその依頼内容に従って、箱に溜めておいた紙の資料を郵送すると共に、銀行口座や売上のようなデジタルデータをチャットで送ってくださるだけです。

小林雄気税理士事務所では、紙の資料についてはExcelに入力してから弥生会計にインポートを、デジタルデータについてはそのまま弥生会計にインポートしています。資料を1つずつインポートしたデータと見比べながら正しい仕訳へと修正していきます。

資料を送っていただいてから、概ね1週間を目処にして、試算表と3期売上比較グラフをPDFでお送りしています。

税理士事務所の担当者が毎月会社にやってくるまで、試算表が手に入らないなんてことはありません。金融機関に余裕を持って提出することができます。