給与計算をやってくれるの?

給与の支給額を会社で計算していただき、こちらに送っていただければ、各種控除(社会保険料・雇用保険料・源泉所得税・特別徴収住民税)を設定した給与明細をPDFでお送りいたします(10人までの作成が顧問料に含まれます)

PDFをA4で印刷して上下で2つに切っていただければ、従業員さんに配布が可能です。

また、給与明細をこちらで印刷して専用封筒に入れた上での郵送も承ります(代行費用が毎月別料金で必要になります)

タイムカードからの集計が必要となる場合は、KING OF TIMEやジョブカンなどの勤怠ソフトの導入も請け負っておりますのでご依頼下さい(導入作業費が別料金で必要になります)

Excelツールも作ります

勤怠ソフトを導入するほどでは無いが、Excelを使ってタイムカードの集計を簡単に間違えずに済ませたいという場合には、専用カスタマイズしたExcelツールを作成いたします(作成費用が別料金で必要になります)

曜日によって違う時給の設定や、深夜残業手当などの複雑な計算も、必要事項だけを入力すれば集計ができるようになります。

勤務体系に適したものをオーダーメイドでお作りしますので、市販のものを導入するよりも遙かに簡単に導入することが可能です。

作成費用は必要になりますが、毎月の作業時間の削減によるコスト軽減を天秤に掛けると、あっというまに作成費用はペイできるように思います。

社労士手続きもお引き受けいたします

社長と奥様のように家族だけが勤める会社では、労働問題も発生しませんし、雇用保険や労災保険への加入も不要です。

このような状況であれば「社労士さんに顧問契約を結んでお願いするほどではないしなぁ」と考える経営者の方も多いと思います。

しかし、家族だけが勤める会社でも社会保険だけは加入する義務が発生します。

小林雄気税理士事務所事務所では、社労士業務につきましては、月額顧問料をいただかずに、行った手続きだけの費用をご請求するアラカルト方式を採用しています。

経営者自らが面倒な社会保険や労働保険の手続きをするよりも、任せてしまってその時間を本業に充てた方が遙かに有意義なのではないかと考えています。

提携の社労士さんもご紹介します

従業員さんの採用が始まり、助成金がもらえる可能性が出てきた場合は、就業規則の作成が必要になります。

また、労働問題が発生する可能性も出てきます。

就業規則の作成や労働問題に備えるために、小林雄気税理士事務所が提携している信頼がおける社労士さんをご紹介いたします。

やはり「餅は餅屋」です。専門の社労士さんは、問題がおきる前に予防をしっかりとチェックしてくれます。

毎月の顧問料を支払う必要はありますが、ひとたび、問題が起きたときの手間とコストを考えると、長い目で見るとお得だと思います。